オオカミによって育てられた:不可解な結末の説明!!

オオカミが提起しました

オオカミによって育てられた:エンディングの説明: 不毛の惑星で子供を育てるアンドロイドの物語として始まったものは、やがてもっと興味深く、謎めいたものに進化しました。 Raised by Wolvesのシーズンフィナーレでは、解決するのではなく、より多くのクエリが提供されました。だから、読み続けて、謎めいた結末の実際の意味についてもっと見つけてください。

オオカミによって育てられた:不可解な結末の説明!!

父親の嫉妬と母親の妊娠の角度。

母(によって描かれる アマンダ コリンズ)は彼女の妊娠について言及し、彼女が作成者であるカンピオン・スタージスによって覆い隠されたままのプログラミングのロックを解除した彼女の記憶のシミュレーションを受け取ったと結論付けています。彼女は、このロック解除が、非公式で楽しい方法で作成者と対話することにつながったと考えています。



しかし、どんなに型破りに見えるかもしれないが、Androidと他のエンティティとの楽しい方法での相互作用が妊娠につながる可能性があり、したがって嫉妬する可能性があることに最終的に気付いた父。

おめでとうございます、あなたにはヘビの赤ちゃんがいます!

さて、母親の赤ちゃんはカンピオン出身ではない可能性があることが明らかになりました。彼女は赤ちゃんを出産したが、悪質で致命的なヘビでした。彼女はネクロマンサーの力を活性化するために彼女の目を必要としますが、それでもこれらの赤ちゃんは彼女の一部です。

オオカミが提起しました

赤ちゃんは彼女とほぼ同じような力を持っています。エピソードの終わりまでに、湾は短期間で計り知れないサイズに成長したので、湾は急速な成長を持っていることがわかりました。

母は、このヘビが彼らの進化の源であると知らされました。しかし、カンピオンはそれに反対し、これは他の誰かが彼女の記憶を配線してハッキングし、彼女にポッドを与えたという結論につながります。

それは進化ですか、それとも委譲ですか?

Keppler-22bにはさらに多くのレイヤーがあります。そのような不可解な啓示の1つは、その起源に関するものです。彼らは生き物のように見えますが、知性の点では人間と同等ですが、逆行的なものに進化しています。これがどのように起こったのかはまだ謎ですか?

それらの声の源は何ですか?

マーカスがリーダーになり、母親の命を救うことを認めた声。彼女がヘビを簡単に出産できるように、彼は彼女の命を惜しまなかった。声はまた、カンピオンを脅威と見なし、何度も彼を殺そうとしました。彼らはパウロの知性を認識し、母親の脱出を制限するために着陸船を武装解除するように彼に命じました。

それが、母親が妊娠し、ビジョンを与え、彼女と父親の命をマグマに救う理由です。これらの奇跡は、非常に強力で強力な実体の行動です。しかし、その実体は誰ですか? 、それがSolであろうと他のより大きな実体であろうと、それはまだ覆い隠されています。

Keppler-22bの謎は、ミトラ教の信仰に直接関係している可能性もあります。後者は、前者の一部を予言の構成要素として示しているからです。しかし、これらの声の源が何であれ、彼らはネクロマンサーについてすべてを知っています。

Top